momono.

毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

2013.09.12 Thu  10:42

しいのか、にっこりと微笑み、組んだ手をほどいて僕に手を振っている。
 |変態(ルト)だ。
 そうだ、あいつもいたんだ。
 しまった。
 だったらここに助けに来る必要も無かったのか?
 変にこいつに色々話されると商会としても僕としてもよろしくないじゃないか。
 だがルトに行動を起こす気は無いのか、また腕を組んで顔全体の微笑みを口元の笑みだけに変えると静かに巴を見直した。
 わからない。
 こいつだって冒険者ギルドが心配じゃないのか?
 あそこも脅威が迫っていると思うんだけど。tommy hilfiger 女性のためのバッグ

「まず名乗れ! 儂はお前など知らぬぞ」

「これは失礼を。儂は巴、クズノハ商会の一員です学園長殿。そしてこちらは主のライドウ、言葉が不自由故、従者である儂からの紹介である事、ご容赦願いたい」

「巴、ライドウか……」

[初めまして学園長、こちらで臨時講師もさせて頂いておりますライドウと申します。非常事態と思いましたので少しでもお力になれればと参上しました。ご無礼、お許し下さい]

「筆談……、そうかお主が。確かに臨時講師ライドウであるようじゃな」

 一応、僕からの筆談と。
 臨時講師の証である免許証みたいなプレートを見せる。
 筆談と僕と、証と。
 全部見て学園長は険しかった語調をやや緩めた。

「おわかり頂けて何より」

「助力と申したが、どのように助力をする気だ? 未だ街にも怪物がいるとしかわからぬ状況、安全な場所までの誘導は容易ではないぞ?」

「学園長殿は、いくつか安全な場所にお心あたりがあるのですな?」

「無論だ、非常時に向かうべき場所は確保しておる。危険な場所で情報の整理や冷静な指示など、避けるに越した事は無い」

「ならばその場所を思い浮かべて下されば、儂が転移でお送りしましょう」

「……てんい? 転移だと!? この人数を、術者が一度も行った事が無い場所へか!? 馬鹿な、そのような術など聞いた事もないわ!」

 一瞬、間の抜けた声をあげた学園長が、すぐに内容を理解して見事に巴の案を一蹴した。
 念話もそうなんだけど、転移にしてみても、僕らは気軽に使いすぎだとは思う事はある。
 転移は技術的に高度で本来は気軽ではないし、念話にしてもその距離やら傍受やら使い勝手全般的に一般で使われているものと僕らのそれではモノがまるで違う。
 通信技術の程度として、性能の悪いトランシーバーと衛星電話くらいは違うと言って過言じゃない。

「しかしそれが可能でしてな。とは言え、確かにこのままでは罠と疑われても仕方ありませんな、ふむ……」

 だからこそ今の転移についても、説明が一々面倒ではあるんだけど。
 あまり困った風でもないな巴は。
 何か納得させる方法でもあるんだろうか。
 僕は適当に一人放り込んでやってみせるくらいしか思いつかないんだけど。
 その一人を募るのが大変だよな。
 偉い人達ばっかりなんだろうし。楽天 バック
 誰か知っている人がいればお願いする手もある。
 ええと、出来れば変態以外で……。

「あははは! 面白い人ですね、学園長。実に面白い。確かにそのような優れた転移の術を扱う術師など聞いた事も無い」

「ファルス殿」

「どうだろう、巴とやら。まず僕を……そうだな、客席のあの辺に転移させてくれないか? 僕が思い浮かべれば良いんだろう?」

 ルト。
 会った事が無い様子で実験台を買って出てくれたのか。
 巴もそうなることを察していたのか動揺した感じも無い。
 まあ、これも冒険者ギルドの長だ。
 それなりの信頼はある方だろう。

「ファルス殿と申されるか。では、この霧
http://www.bagsindustrial.com

【 コメント 】

【 コメント投稿 】

管理者にだけ表示を許可する

【 この記事のトラックバックURL 】

http://edcrfvijnuhb.blog.petitmallblog.jp/tb.php/18-2962227a

 | HOME | 

カレンダー

« 2014.12 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

live ri

live ri

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

コミュニケーションサイト「スマ恋」 スティッカムホーム monolisをはじめてプレゼントをゲットしよう!キャンペーン

Designed by momono.